最新情報

原三溪没後80周年記念 三溪園×横浜美術大学

三溪園と日本画の作家たち

 

■日時:2019 年 8 月 3 日(土)〜2019 年 8 月 18 日(日)
9:00〜17:00(入園は 16:30 まで)


■場所:三渓園 鶴翔閣


■観覧料:無料(入園金は別途大人 700 円/こども(小・中学生)200 円)

■内容:

本展は原三溪没後80周年を記念した、三溪園と現代若手日本画作家のコラボレーションによる展覧会です。三溪記念館と原三溪の住居であった鶴翔閣(横浜市有形文化財)を会場に、近代日本画の巨匠たちと現代の作家たちの作品を展示します。


■作家:景聴園(上坂秀明・合田徹郎・服部しほり・松平莉奈・三橋卓)
越智波留香(横浜美術大学絵画研究室助手)


■主催:学校法人トキワ松学園 横浜美術大学

■共催:公益財団法人 三渓園保勝会
■企画:三渓園、横浜美術大学、景聴園(乃村拓郎・古田理子)

■イベント
・ワークショップ「みんなで大作に挑戦!〜孔雀明王ぬり〜」
8/11(日)10:00-16:00の間で随時受付(一人30分程度) 定員:なし
岩絵具を使って大作ぬりえに挑戦!岩絵具に親しんでもらうとともに、三溪園で大作に挑んだ横山大観らの制作を体感してもらいます。
講師:景聴園(上坂秀明、合田徹郎、服部しほり、松平莉奈)
参加費:無料 *入園料は別途必要

・出展作家によるギャラリートーク
8/10(土)13:00-14:30
越智波留香、景聴園(上坂秀明、合田徹郎、服部しほり、松平莉奈、三橋卓)
聞き手:森山貴之(本展企画/横浜美術大学美術・デザイン学部准教授)
ゲスト:荒井 経(東京藝術大学大学院保存修復日本画研究室教授)
聴講:無料*入園料は別途必要  定員:先着30名